読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴紐縛るから先行ってて

映画を見て思ったことを書いています

今冬街中でカナダグースのダウンをよく見た

ファッション カナダグース

今冬街中でカナダグースのダウンをよく見た、って話をします。

 

映画で括ったブログを始めて早々ですが、映画とは関係のないことを書きます。

こうやって縛ったブログを開設して、結果的には趣旨を見失っているブログは多いと思いますよ。それはそれで全然良いと思います。

書きたいことを書けばいいし、流動的で良いじゃない。

 

昨年12月くらいから街中でよく見るダウンというか、アウターがあったんです。よく見るというか、腕のロゴマークに目が行き、「どこのブランドだろう?」と疑問を持っていたんです。

昨夏、FUJI ROCK初参加をきっかけにアウトドアブランドに興味を持ち、それ以来、街中を歩くと、「おっ!アークだ!(Arc'teryx)」とか、「はいはい、ノースフェイスね!(The North Face)」とか、服のロゴマークには目が行くんです。

で、気になった腕のロゴマークってのがこれ。

f:id:sata05:20150222234810j:plain f:id:sata05:20150222234831j:plain

こんな感じで街中で見掛けてもよく見えず。

見えてもそのマークは、丸くて、赤くて、青くて、白くて、全貌は掴めない。

ってちょっとこの2人!前回の記事でちょっとディスった「アメイジングスパイダーマン」のエマ・ストーンアンドリュー・ガーフィールドです。

f:id:sata05:20150222235110j:plain

2人で仲良く着ておられます。

 

気になったから調べたんです。Googleで「ブランド ロゴ 丸 赤」検索。

たどり着けず、ロゴの真ん中白い部分は「骨」かな、なんて推測してみたり。

正体がわからず諦めかけていたその時!

Twitterで「◯◯って通販サイトを使えばお得!」的な広告ツイートが回ってきて、添付された写真に例のダウンが写っていたのです。邪魔な広告ツイートも時として役に立つのです。リンクに飛び、判明したのです。それが、カナダグースであることが。

 

有名なんですか?初めて知りました。カナダグース。

CANADA GOOSE カナダグース

1957年、カナダ北東部の都市トロントに、1件の小さなガーメントファクトリーが誕生しました。 繊維産業で栄えるその地に創業した「カナダグース社」、彼らの作るブランドが「カナダグース」です。 現在、コストダウンを迫られ、アジアや諸外国に生産地を移す北米、ヨーロッパのアウトドアブランドが多い中、厳密なプロダクトコントロールと、常に革新を続ける確かな技術力で「メイドインカナダ」にこだわり生産しています。 創業当初から50年近く、カナダグースの製品は、カナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地で生活する人々や、南極探検隊、エヴェレスト登山隊などのプロフェッショナル達にもその製品を提供し続け、そして、彼らのフィールドでの実体験から基づくデータを製品にフィードバックしてきました。

 (CANADA GOOSE カナダグース | FRAMEより引用) 

 

ロゴは近くで見るとこんな感じ。

f:id:sata05:20150222235712j:plain

マークの意味調べたんですが情報は全く出てこず。

遠目で骨に見えた白色部分はカナダの形でしょうか。水色部分は湖。

いや、違うのかもしれません。

サトウカエデが枠を彩り、「Arctic Program」の文字。訳すと「北極プログラム」、はい・・・。

 

ブランドの立ち位置は、値段は平均10万といったところでしょうか。高級です。

そういった意味ではモンクレールと比較されたりするみたい。モンクレールは平均20万なので、「モンクレールは手が出ない・・・」って方の妥協品かな。

モンクレールは知っていましたよ。バナナマンのラジオで知ったのですが。

 

型は分かりやすくこちらにまとまっています。


今年の冬は大注目のカナダグース!!徹底解剖してみたww - NAVER まとめ

 

ブランド名を突き止めた後も、街中でよく見かけ、ある日テレビをつけたらドラマ『ゴーストライター』(フジテレビ)で三浦翔平さんが着用していたのです 。

f:id:sata05:20150223002655j:plain

 

過去には松田翔太さんもドラマで着用。

f:id:sata05:20150223014751j:plain

 

梨花さんも。


Instagram

他にも、ベッカム、マギーなど、愛用しているのか、たまたま着たのか。

私が知らなかっただけで、昔からから着ている人はたくさんいる、ってまとめてしまったら元も子もないのですが、おそらく昨年秋から今冬にかけて着用者が多いことは確かだと思うのです。

 

例えば、Arc'teryxのArroってリュック。

f:id:sata05:20150223032248j:plain

これがかなり流行ったのって、Oshman'sやBeamsが取り扱い始めたのが大きな要因の一つであると思ってて、大型アウトドアショップやセレクトショップが取り扱うと流行る。記憶に新しいNew Balanceの流行もそれじゃないですかね。

カナダグースもShips、American Rag Cie(過去にはBeamsUnited Arrows なども)で取り扱っているので、流行りの元はそこかもしれません。

さらに調べると、コストコでカナダグースを取り扱っているらしく、しかも、安価で。


みんな大好きコストコ 実は流行のアパレルが安く手に入る超穴場だった! - NAVER まとめ


定価の1/3となる服も!コストコで話題のブランド服が格安で売られている

コストコってアパレルあるんですね。

 

大手セレクトショップで取り扱うと流行るんです。そりゃそうですよね。人目につく機会が多くなりますから。その為のセレクトショップでもある訳で。セレクトショップにもブランドにもメリットがある。

つまり、今冬街中でカナダグースのダウンをよく見たのは、セレクトショップで取り扱いが盛んになったから、って推測します。

でも、愛用していたブランドがセレクトショップで、ましてやコストコで売られ始めたら、脱ぎ捨てるだろうな。