靴紐縛るから先行ってて

映画を見て思ったことを書いています

「最強のふたり」DVD ★★★★★

最強のふたり」DVD ★★★★★

f:id:sata05:20150227041507j:plain


映画『最強のふたり』予告編 - YouTube

 

最強のふたり」 劇場公開日 :2012年9月1日

 

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まったく共通点のない2人は衝突しあいながらも、やがて互いを受け入れ、友情を育んでいく。2011年・第24回東京国際映画祭で東京サクラグランプリ(最優秀作品賞)と最優秀男優賞をダブル受賞した。

 

スタッフ

監督:エリック・トレダノ

   オリビエ・ナカシュ

製作:ニコラ・デュバル=アダソフスキー

   ヤン・ゼヌー

   ローラン・ゼトゥンヌ

 

キャスト

フランソワ・クリュゼ:フィリップ

オマール・シー:ドリス

オドレイ・フルーロ

アンヌ・ル・ニ

 

作品データ

原題:Intouchables

製作年:2011年

製作国:フランス

配給:ギャガ

上映時間:113分

映倫区分:PG12

オフィシャルサイト:映画『最強のふたり』公式サイト

 

受賞歴

第36回 日本アカデミー賞(2013年)

第70回 ゴールデングローブ賞(2013年)

 

(以上、最強のふたり : 作品情報 - 映画.comより引用)

 

最強のふたり」DVD

評価:★★★★★

 

原題は「Intouchables」。touchable(触れることのできる)に否定の接頭辞Inが付き複数形で「触れることのできないもの」ってことで2人を指しています。障害者でお金持ちの白人の老人フィリップ(フランソワ・クリュゼ)と健常者で貧乏な黒人の青年ドリス(オマール・シー)、この2人最強でしたね。名コンビ。

 

スピード違反で警察に止められるも、フィリップに苦しむ演技をさせ、警察に「おい!病院へ向かってんだ!お前らは人殺しか!?」と誤魔化し、Earth, Wind & Fire「September」を大音量で流しノリノリで車を走らせるオープニングから心掴まれます。


Earth, Wind & Fire - September - YouTube

 

事故で首から下が動かないフィリップの新しい世話人の面接に来たドリスですが、採用される気はそもそもなく、失業手当を貰う為に就活をした証明が欲しく不採用の判子を貰いに来ただけ。他の面接者が「◯◯大学出てます!」、「介護の仕事してました!」アピールする中、フィリップは「あいつおもしろいじゃん」とドリスを採用。そんな気はなかったドリスも用意された豪華な部屋に「マジ!?ここ使っていいの!」と高揚。

仕事も乱暴で、車の運転も荒く、ドラッグ吸わせたり、車椅子を改造したり、文通相手の女性と無理やり会わせたり、周りからは「どうしてアイツを採用した?」と言われるも、フィリップは「彼だけは私を特別扱いしない。」と。

ちょっと雑な、ちょっとお節介な、そんなドリスの行動も、フィリップにとっては新鮮で気持ちが良いのです。

いつの間にかフィリップにとってドリスは必要不可欠な存在に。

 

フィリップの誕生会でEarth, Wind & Fire「Boogie Wonderland」に乗せて踊るシーンも印象的でした。Earth, Wind & Fireがこの映画を盛り上げてますね。


Earth, Wind & Fire - Boogie Wonderland - YouTube

 

ナチスみたい」などとふざけながら髭を剃ってあげるシーンも良かった。

フィリップの秘書のマガリーとドリスの恋模様も面白かった。オチが最高。

 

ってことで、ここからは余談。私の考える最強の2人です。

パッと思い浮かんだのは、関根勤さんとYOUさん。既存のお笑いコンビでもなく、音楽デュオでもなく、競技のペアでもなく、良い夫婦でもなく、関根勤さんとYOUさんが初めに思い浮かびました。この2人がバラエティ番組でお互いを見合って爆笑してる場面、大好きなんです。こんな感じで。

f:id:sata05:20150228042741j:plain f:id:sata05:20150228043011j:plain

笑い方って大事ですよね。

笑い方が豪快な女性が好きって話はまた今度します。