靴紐縛るから先行ってて

映画を見て思ったことを書いています

「EDEN/エデン」試写会 ★★☆☆☆

「EDEN/エデン」試写会 ★★☆☆☆

f:id:sata05:20150904194718j:plain


映画『EDEN/エデン』 予告編 - YouTube

「EDEN/エデン」 劇場公開日 2015年9月5日

「あの夏の子どもたち」で国際的に注目を集めたフランスの新鋭女性監督ミア・ハンセン=ラブが、ダフト・パンクを中心とするフレンチハウス黎明期を題材に描いた青春ドラマ。監督の実兄であるDJのスベン・ハンセン=ラブをモデルに、ミアとスベンが共同で脚本を執筆し、ダフト・パンク誕生の瞬間などシーンの軌跡をたどりながら、人気DJにのぼりつめた青年の栄光と挫折を描く。エレクトロミュージックがフランスの音楽シーンを席巻しつつある1990年代パリ。大学生のポールは親友とDJデュオを結成し、瞬く間にシーンの中心へと躍り出る。突然の名声に酔いしれるポールだったが、私生活では金銭感覚を失い、ドラッグに溺れ、恋人との関係も悪化してしまう。やがて、彼の音楽の方向性は最先端のクラブミュージックと少しずつかけ離れていく。

スタッフ
監督:ミア・ハンセン=ラブ
製作:シャルル・ジリベール
   スベン・ハンセン=ラブ
脚本:ミア・ハンセン=ラブ
   スベン・ハンセン=ラブ

キャスト
フェリックス・ド・ジブリ:ポール
ポーリン・エチエン:ヌルイーズ
ロマン・コリンカ:シリル
バンサン・マケーニュ:アルノー
グレタ・ガーウィグ:ジュリア


作品データ
原題:Eden
製作年:2014年
製作国:フランス
配給:ミモザフィルムズ
上映時間:131分
映倫区分:PG12
オフィシャルサイト:映画『EDEN/エデン』オフィシャルサイト

(以上、EDEN エデン : 作品情報 - 映画.comより引用)


 「EDEN/エデン」試写会(2015年9月3日 J-WAVE試写会 渋谷ユーロライブ)
評価:★★☆☆☆

既に先週9月5日に公開になりましたが、9月3日に試写会で観てきました。

音楽映画であり、劇中の楽曲やクラブシーンに聞き応えや見応えはありましたが、
物語の内容はあまり面白くなかった。

ダフトパンクに代表される90年代のフレンチエレクトロシーンを舞台に、
架空の主人公の半生を描くストーリー。
DJユニットを組み、売れて、落ちて、というありがちなもので、
ただそこから何が言いたいのかが、伝わらなかった。

登場人物を把握するのにも時間がかかってしまった。

「アイツら最近キテる、ダフトパンクってユニットらしい」と売れる前のダフトパンクであったり、
覆面ゆえにプライベートではクラブのドアマンに止められるダフトパンクなど、
心くすぐられすエッセンスは良かった。

ニューヨーク現代美術のMoMA PS1でのクラブパーティーのシーンは印象的で、
あんな空間があるのかと刺激を受けた。行ってみたい。

生まれ変わったらこういう道で生きたいなと思う憧れも抱いた。
自分と同世代で張り合う奴らを想像したら、disclosure。
強敵だ。今一番好きなエレクトロだな。